失敗しない色の選択法

ロゴ

塗料の色を選ぶ

家
面積に注意する 全く同じ色でも面積が広かったり狭かったりすると仕上がりに差が出てきます。例えば狭い面積だと低明度が落ちるので全体的にパッとしません。一方、面積が広いと発色が良くなるので外壁部分が引き締まってみえます。
マッチングが大事 外壁部分にだけ注目するのではなく、サッシの色にも焦点をおきましょう。既存の色と外壁塗料の色を合わせることで統一感が生まれ、より美しい仕上がりになります。また、建物の特徴に合わせた色のチョイスと塗り方で個性を引き出すことができます。
サンプルで比較する 各業者が提供するサンプルを無料で配布しています。どの色が自分の家にマッチするのか迷った時の参考にできるでしょう。太陽の光に照らすことで室内と外での見え方が違いますし、実際に外壁に当てると似合う色がだんだん見えてきます。

業者の選び方

不安を煽るような業者はNG

工事をさせるため、「すぐに始めないと大変な事になる」というような煽り文句をする業者が多くいますが、オンテックスの場合本当にお客さんの事を考えた営業方法なので即決を求められる心配はありません。

うまい話には乗らない

キャンペーンを使ってお得に工事をと考えますが、単価を下げて即営業をしてくるような業者はあまり信用できません。後で高額な工事費用を請求される可能性がありますから慎重になるべきでしょう。

お客さん目線の接客

オンテックスの場合提案や工事の説明、対応すべてがお客さん目線なので親切だと評判です。ただ業者によっては耐久性を理由に即決を求めてくることもあるのでそれだけではなく工事の後の具体的なアドバイスをしてくれる業者かどうかが判断基準になります。

値段に気を付ける

価格が適正であるかは、工事を依頼する上で非常に大事ですが、極端に安かったりあり得ない程高かったりすると危険です。相場を先にチェックしてから見積もり依頼をしましょう。

近隣への配慮があるか

外壁塗装の場合、他の民家に塗料が飛び散ったり工事の音がうるさかったりと騒がしくなります。お客さんだけではなく近隣住民に対し配慮できる業者は、工事前の挨拶回りを欠かさず行ないます。

広告募集中