劣化すると水漏れの被害者に

ロゴ

屋根の耐久性を上げる

リフォーム

防水加工をしよう

屋根は太陽の光をもろに受ける場所なので劣化が早く、適切な時期にメンテナスをしないと雨漏りの原因になります。足場が悪くなり、崩壊の危険性が指摘されるでしょう。オンテックスでは、屋根やバルコニーの耐久性をあげるべく、防水加工を施し崩壊の危険を未然に防ぐ取り組みをします。

トップコートのみの劣化

この場合、トップコートの劣化だけで済んでいますがメンテナンスなしでは厳しい状況です。より耐久性を上げるなら、バルコニーや屋根に塗るトップコートの種類を変えてみましょう。例えば、ポリエステルやウレタン系は、摩擦に強く薬品の耐久性が高いのが最大の特徴です。定期的に工事をすることで雨漏りから家を守れるでしょう。

メンテナンスの時期

トップコートを塗ればいいわけではなく、どの工事にも塗り替える時期が存在します。屋根やバルコニーに使うトップコートだとウレタンなら10年程度で塗り替えで、5年から10年の間に行なうのが普通です。

どう判断すればいい?

屋根にヒビが入っているのですが

屋根のヒビ割れを放置すると雨漏りの原因になり、建物内部を傷つけてしまいます。こうなると高額な工事費用になるので不具合を発見したらすぐに相談をしてください。

塗り替えのタイミングはいつでしょうか?

例で言うと、10年目で一度塗り替えて、20年目に突入したら屋根の状態をチェックします。塗り替えが必要だと感じたら外壁塗装をする準備が必要です。30年目になると塗り替える必要がなく、他の工法でカバーします。

安く工事する方法はないの?

こればかりは見積もりを取らないとわかりませんが、複数の業者に見積もりの依頼をしたところ、40万円近く差が出ることがあります。一つではなく、2.3社くらいから見積もりを取れば安く済ませられます。

工事の流れが知りたい

ネットや電話でお問い合わせをした後、工事の見積もりを取るため作業員が現地調査をします。この時に屋根や外壁の状態をチェックし、見積もりを取ります。検討する時間もあるので即決しなくても大丈夫です。

営業はありますか

自社が開発した物を無理に売ろうとする業者は実際にいらっしゃいます。オンテックスの場合、お客さんに満足してもらうための工事を提供したいので塗料のおすすめはしますが強要はしません。

広告募集中